FC2ブログ

たまに行きたくなるお店

Posted by Jenny on 10.2009 東京 食事 0 comments 0 trackback
スイスから帰国後初めてのタブローズTABLEAUX。前年、気ままにyoutubeで見ていたAround40というドラマでも取り上げられていた素敵なレストラン。こちらに、主人の友人と3人で行って来ました。その方は、つい3ヶ月前、スイスにも遊びに来てくれた方。その時は住んでいたルツェルンの5つ星ホテルPalace LuzernにあるJasperで、二人揃って御馳走になってしまいました。あの時のフォアグラ、忘れられません。そして今回は、我が家の番です。

そもそもこのタブローズ、初めて訪れたのは11年前。当時主人と共に働いていた機関の方が、すごく良かったと言うので、二人で行ってみる事に。思えば、主人と私のレストランデビューのような日でした。お勧めのワインを店員さんに尋ねた時、それほど高額ではないのに、驚くほど美味しいワインを勧めて貰いました。当時ワインのワの字も知らない私達でしたが、一口飲んでそのワインに惚れ込みました。そのワインは、TALLEYのシャルドネでした。その2年後、私達は結婚し、アメリカに住み、このタリーを訪れました。自宅のロスアンジェルスから4時間以上かけてのドライブです。行きついた先には、タブローズで飲んだ、まさにあのワインラベルと同じ小さな家が、ちょこんと建っていました。涙溢れんばかりの感動も束の間、ワイナリーはお休みの様子。タブローズで飲んで、感動してやって来たとオーナーに熱く語りたかったというのに、その日は12月25日、つまりクリスマスでお休みでした。かくして私達は「アメリカではクリスマスに殆どのお店が閉まってしまう」という事を学習したのでありました。

アメリカから帰国後も、親族や友人と数回訪れたタブローズ。今回のお料理は

tableauxzensai

前菜

tableauxfo

大好きなフォアグラ

tableauxfish

魚料理

tableauxfleisch

肉料理

これにデザートとコーヒーの付くコースを頂きました。実はTABLEAUXでのコース料理は初めて。いつもは生牡蠣料理を2種類、ひと粒ずつとメインをシェアするくらいなので、そんなに高くはありません。そんなに沢山頼まなくても気兼ねしないで良いのがTABLEAUXの魅力の一つです。と言うのは、初めてTABLEAUXで食事をした日の事。私達はナケナシのお金を持参し、やる気満々だった訳ですが、どうやらその素敵な外観に惹かれたのか、二人の女性がやって来ました。しかし、店内をきょろきょろと見回し、落ち着かない様子。聞こえてきた会話から、二人とも場を間違えたと恐縮気味。私達は、思いっきり背伸びをしている自分たちもやりがちな失敗に同情し、どうなる事やらと見守ります。すると店員さんがその様子を察したのか、とても丁寧に予算を聞き、決して邪険にする事なく、二人に高額ではないものを用意しました。二人の顔は始終明るく、今度はお金を持ってくる!絶対また来る!!という会話が聞こえて来ました。私達のレストランデビューは、本当に良い店に恵まれたものとなったのです。

弟と妹の婚約発表の日もここでした。二人とも店員さんに良くして貰って満足の様子。ですから、私達は大切な人をお連れする際は、決して客を邪険にしないTABLEAUXに行こうと思うのでした。
スポンサーサイト



▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://jennyk.blog16.fc2.com/tb.php/4-035c5131